コロナ禍での妊娠・出産 その1 葉酸サプリ

妊娠/出産

妊婦の皆様、サプリ摂取は気にされていますか。

2020年に出産予定の妊婦さんは、コロナ禍での妊娠、出産となり、不安ですよね。家族の出産の立ち合いができるのか、入院中に面会ができるのか、など、まだまだ状況が変わりそうです。私も2020年11月に出産を予定しています。最近コロナの罹患者も増えてきていますし、体調管理には気を付けて、産休に入るまでは在宅勤務で対応する予定です。

現在妊娠7ヶ月なのですが、特に妊娠初期につわりがきつく、4月、5月あたりは気持ち悪くてほぼ毎日のように吐いていました。

そんな中で、これまでに購入したマタニティグッズで、役に立っているものを紹介したいと思います!1回目は葉酸サプリについてです。

妊婦はなぜ葉酸の積極的な摂取が必要なのか

母子健康手帳 副読本(発行:公益財団法人 母子衛生研究会)によると、葉酸はビタミンB群の1つで、細胞や血液を作る働きがあるため、妊婦に限らず、葉酸の摂取は重要です。例えば葉酸が多く含まれる食べ物には、ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃ、いちご、バナナなどが挙げられます。普段から葉酸が含まれる食事が好まれています。

一方、妊娠前から妊娠初期の女性の葉酸が不足すると、胎児の脳・神経管・心臓など、神経管の閉鎖障害の可能性が高くなると言われており、その発症を予防するため、食事からだけでなく、サプリメントなどから葉酸の摂取を補うことが良いとされています。

葉酸サプリはBean Stalk momがおすすめ

葉酸サプリは、妊娠がわかってすぐに購入したものです。数ある葉酸サプリの中で、Bean Stalk momを選び、現在3袋目です。(1袋で2ヶ月分です)

この商品を選んだポイントをお伝えいたします。

商品リンクはこちら

ビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1粒 60粒(2か月分)_

価格:1,108円
(2020/8/15 14:16時点)
感想(0件)

つわり期でも食べやすい

Bean Stalk momはレモン味のタブレットで、チュアブルタイプ(かんでもよし、なめてもよし)なので食べやすく、妊娠初期のつわりでとても辛いときでもこのサプリを食べることによって気持ち悪くなることはなく、毎日摂取することができました。何よりもおいしいです。

栄養素が簡単に摂取できる

厚生労働省が推奨している1日に必要な葉酸は440μg、鉄は19.5mgです。

この葉酸サプリでは1日1粒で葉酸を400μgを摂ることができ、更に鉄13mgをとることもできます。

1日1粒でOK

お値段がお手頃

産婦人科にも広告が出ていた葉酸マルチサプリ「エレビット」と迷いましたが、エレビットは30日分で4,500円だったのに対し、Bean Stalk momは60日分で1,200円前後(送料別)だったため、買いやすさの意味でもこちらに軍配が上がりました。

まとめ

4ヶ月食べ続けていますが、今のところデメリットは見つかっていません。正直なところ、葉酸サプリメントの摂取によって体に良い変化が起こったかと言われるとよくわかりません。ただし、冒頭に記載をしたように、妊婦にとっては、胎児の成長に重要な意味を持つ葉酸です。食事からだけの摂取だと、葉酸の摂取量も大変ですし、葉酸サプリによって、妊婦が一日に摂取が必要な葉酸量を摂取できるのはお手軽だと思います。健康な赤ちゃんを出産するためにも、これから妊娠を計画している女性や、妊婦さんにぜひ知ってもらい、葉酸を積極的に摂取いただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました